学び舎が教鞭をとる寺子屋

大学受験に関わる全ての人に届けたい。

語彙力の鍛え方【国語編】

近年、「語彙力」が話題に上がることが多いと思います。

「語彙力が低下している。」といったニュースが散見している現在、どのように語彙力を鍛えたらいいか。

 

受験勉強における国語の語彙力の強化法をお伝えします。

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【本を読む】です。

語彙力強化の一番の方法は読書でしょう。

漫画ではいけません。とっつきやすい小説からスタートしてはいかがでしょうか?

 

知らない言葉が出た際に、意味を調べる前に推考を。

前後の文脈から、どのような意味なのか自身で考えてから調べましょう。

考える際に重要なことは、「漢字1字ずつに注目する。」ということです。

 

例えば、【流布】という字。

読み方は【るふ】ですが、どのような意味だと推測しますか?

 

「流」という字の意味は、

 水がながれる。水のながれ。また、水のようにながれるもの。
 水とともにながれる。
 川などにながす。
 伝わり広がる。
 あてどなくさすらう。
 罰として遠隔地に追いやる。
 とどこおりがない。
 わきへそれる。
 形をなさなくなる。
10 一派をなすもの。血筋。系統。特有のやり方。
11 仲間。たぐい。また、階層。等級。
〈ル〉
 伝わり広がる。
 さすらう。
 罰として遠隔地に追いやる。

コトバンクより引用

上記の意味があります。

 

また、「布」という漢字には、

1 織物の総称。古くは、に対して、葛(くず)などの植物繊維で織ったものをいい、のち、木綿も含めた。
 建築で、横・平ら・水平・平行などの意を表す語。

ふ【布】

 ぬの。「敷(しき)」「葛(くず)
 布銭(ふせん)
ふ【布】[漢字項目]
〈フ〉
 麻や綿などの織物。一般に、織物。ぬの。
 平らに敷き広げる。
 広く行き渡らせる。
 古代中国の貨幣の一種。
〈ぬの〉
[名のり]しき・たえ・のぶ・よし

このような意味があります。カンペキに覚える必要はありませんが、漢字が持つ意味のイメージは持っておきましょう。お互いに、「広く行き渡る」という意味を持っていることがわかります。したがって、【流布】の意味も、「広く行き渡る」という意味なのだとわかるでしょう。英語においても分割する考え方は活用可能です。次回、英語における語彙力強化の方法をお伝えします。